維持費はどれくらい?

維持費はどれくらい?

TOPページ 自動車購入の基礎ガイド > 維持費はどれくらい?

 

維持費はどれくらい?

維持費はどれくらい?

クルマは所有しているだけでお金がかかります。税金、保険料、駐車場代などです。

クルマは走らせるものですから、そこでもお金がかかります。ガソリン代、高速代などなど・・・・。

それでは、実際にどれくらいの維持費がかかるものなのでしょうか。1年間に最低限かかる維持費は以下のようになります。

ただし、その1年間に車検を受けたものとします。


自動車税 3万9500円
任意保険 11万5500円
駐車場代 12万円
ガソリン代 11万377円
高速代 2万4800円

車検時
重量税 5万400円
自賠責保険 2万9780円
車検諸経費 2万円

合計   47万4897円


平成10年式  インプレッサWRX(エアバック、ABSあり、年間走行距離1万キロ)
加入者    男性、22歳、東京都在住、本人限定

このほかに、消耗品代、整備代などがかかります。

クルマは楽しいものですが、生活の手段としての一面もあります。生活の手段であるものを維持するために、あなたの生活が圧迫されるようなことがあってはなりません。


自動車税はクルマの排気量によって変わります。基本的には高級なクルマ程、大排気量になります。贅沢品には税金をより多くかけるということでしょう。重量税も同様です。


クルマはとてもお金のかかるものです。自分の収入を考えて、無理なく維持できるものを選ぶことも大切です。

各種費用を安く収める方法

このように維持費はかなりの金額になります。そこで考えたいのが「節約」です。

実は自動車の維持費というのは結構節約が可能なのです。

◆自動車保険・・・・自動車保険一括見積りサービスを利用。(500円マックカードプレゼントキャンペーン中)
◆駐車場代・・・・タイムズクラブ会員になる(入会金・年会費無料。100円=1ポイント貯まる)
◆ガソリン代・・・・ガソリンカードを利用。
いかがでしょうか。

じつはこれら全部をきちんと行えば年間で最低数千円変わりますし、利用頻度次第では数万円変わってきます。

これら全部、お得になるサービスで無料で使えますのでぜひ参考にしてみてください。

車検について

車検とは、自動車が保安基準に適合する状態で運行されているかを確認するための検査です。

新規検査、継続検査などがあります。新規検査は新車購入時に販売店が代行していることが多いため、実際に私たちが意識するのは継続検査のほうです。

車検の有効期間は新規検査で3年、継続検査で2年となります。

クルマを整備して検査を受けるだけなら良いのですが、税金などの関係でまとまったお金が必要になるところが最大の泣き所です。

普通車であれば1度に10万円前後の予算が必要です。別途、消耗品の交換や故障箇所の整備にお金がかかります。

気になる車検費用は大きく2つの項目に分けることができます。

法定費用

1つ目は「法定費用」と呼ばれるものです。

24ヶ月分の自賠責保険料、重量税、印紙代のを合計した金額です。

軽自動車で35,080円、普通車で57,280円以上となっています。

検査・整備費用

2つ目は「検査・整備費用」です。

定期点検に必要な費用と車検の代行手数料を基本として、消耗品などの交換部品代、工賃が上乗せされます。

この費用に関しては、クルマの状態によって大きく変わってきますので、見積もりをもらってから作業を始めてもらいましょう。


車検にかかる日数は、依頼するショップやクルマの状態によって変わってきます。メーカー系ディーラーなどで消耗品の交換だけで車検を通せる場合は、一日で終えることも可能です。

その反面、部品の調達や整備などで1週間ほどかかる場合もあります。

どちらにしろ、無料で代車を出してくれるますので困ることは少ないでしょう。


車検にあたっての点検や整備を要する箇所は多岐にわたります。とくに、クルマのメカに興味がある場合はべつとし、細かい項目まで理解することは困難です。

よって、購入時から付き合いのある信頼できるショップに依頼することが大切です。

自動車税

ここでは、クルマに関する税金を項目で挙げていきます。

自動車税

クルマの排気量によって金額が決まります。普通車であれば都道府県税、軽自動車であれば市町村税として納付することになります。

年度ごとの支払いとなり、購入時は年度末までの金額を月割りで支払います。

自動車税の納税証明書は車検時や売却時に必要となる大切な書類です。車検証と一緒にしっかり保管しましょう。

税額は以下のようになります。

軽自動車     7,200円
1000cc以下   29,500円
1000cc~1500cc 34,500円
1500cc~2000cc 39,500円
2000cc~2500cc 45,000円
2500cc~3000cc 51,000円
3000cc~3500cc 58,000円
3500cc~4000cc 66,500円
4000cc~4500cc 76,500円
4500cc~6000cc 88,000円
6000cc以上  111,000円


自動車重量税

車検時に必要な税金で、車両重量によって金額が決まります。

自動車税と違い、車検が残っている中古車では支払う必要はありません。

税額は以下のようになります。

軽自動車 8,800円
0.5~1トン 25,200円
1~1.5トン 37,800円
1.5~2トン 50,400円
2~2.5トン 63,000円

自動車取得税

取得したクルマの価格によって金額が決まります。実際の販売価格ではなく、法律で定められた取得価格によって決まります。

普通車は取得価格の5%、軽自動車は3%です。

中古車の場合は実質的に非課税の場合がほとんどです。


消費税

他の物品の購入と同様、消費税も課せられます。本体価格と手数料を対象に5%の金額を支払います。

ただし、車両本体価格に対する消費税は内税表示が基本です。


クルマは取得時だけでなく、維持していくために税金を課せられるという特徴があります。自分の選んだクルマと長く付き合っていくためには、ムリなく税金を支払うことができるかも大切です。

クルマを購入する前に、そのクルマに課せられる税金を把握しておくことが大切です。

自動車保険について

自動車保険には自賠責保険と任意保険の2つがあります。

自賠責保険への加入は強制です。加入していなければ、車検を受けることができません。

つまり、すべてのクルマが自賠責保険に加入しているわけです。では、なぜ任意保険が必要なのでしょうか?

それは、自賠責保険の補償範囲と補償額に問題があります。

自賠責保険の補償範囲は対人賠償のみ、金額も上限で4000万円となります。つまり、それを超える賠償をしなければならない場合は、自腹での支払いとなるわけです。

また、車両や建造物などに対する対物賠償はできません。自賠責保険だけの場合は、これも自腹となります。

よって、クルマを運転する場合は任意保険への加入が必要と断言できます。駐車場代やガソリン代と並んで、クルマの維持費であると考えましょう。

では、どのような保険を選べばいいのでしょうか?

自動車保険は大きく分けて2つあります。クルマを購入するショップで加入できる保険と、インターネットや電話などで申し込める保険(通販保険)です。

前者は国内の大手保険会社である場合が多く、後者は外資系やIT系の企業を親会社にもつ会社がほとんどです。

両者を比べた場合、保険料という面で有利なのは通販保険です。

クルマの利用目的が週末に限られ、使用頻度が少ない場合にはおすすめです。維持費を安く抑えることができるでしょう。

万が一の事故への対応やその後の修理のことを第一に考えるなら、購入時にショップが代理店をしている保険に加入することほうがよいでしょう。

通販保険では、修理費を安く抑えるために保険会社指定の修理工場でしか修理することができません。よって、クルマがきちんと元に戻るか心配な面もあります。

ショップで加入した保険であれば、修理する工場もユーザーが選ぶことができます。クルマの購入先であれば、あなたのクルマの状況を一番わかってくれているので安心です。

また、親兄弟がすでに自動車保険に加入している場合は、その紹介という形で加入すると割引を受けられう場合もあります。

保険料は加入するクルマによっても大きく変わってきます。高額なクルマであったり、事故率の高いクルマであるほど保険料も高額になります。そのクルマの保険料がだいたいいくらかかるのか。購入前にしっかり確認することが大切です。

ページトップへ↑